Artist Statement

アーティスト・ステイトメント


top

exhibitions

resume

contact

I first encountered glass when I was a first year university student. The first time I ever saw glass melt at 1300 degrees, I felt death. It reflected a world where life could not survive, like the molten interior of a volcano’s crater. However, once the red-hot glass cooled, it showed a completely different expression. When it changed into a mystical material that is both transparent and envelops light, I felt the life of the glass. I witnessed the precise moment when the shape was formed.


大学1年生の頃だった。初めて1300℃で熔解されたガラスを見たとき、私は死を感じた。それは、火口から見えるマグマのように、生命が存在できない世界に映った。ところが、炎で熱せられた真っ赤なガラスがひとたび冷めると、その姿は一変して違った表情を見せた。透明で光を内包する、神秘的なガラスに変化したとき、私はその物質の生を感じた。まさに形が生まれる瞬間を知った。


2018/1/6
Koichi Matsufuji
松藤 孝一


© Koichi Matsufuji, All rights reserved