top

works

exhibitions

resume

contact



Do you know Penitella?
It is a bivalve that lives on the coast, digging holes in rocks and living in it. This pebble work represents a harmony between living things and nature.

カモメガイを知っていますか。
海岸に住んでいる二枚貝で、岩石に穴を掘ってその中で生活をしています。この小石の作品は生き物と自然による調和になります。


" Nature’s Handiwork "
Digital print
87 x 62.5 cm
2020
Collection Date:May 13, 2020
Collection Place:Ota amabarashi district, Toyama, Japan

「カモメガイのしわざ」
デジタルプリント
87 x 62.5 cm
2020
拾った日:2020年5月13日
拾った場所:富山県高岡市太田雨晴地区


" Nature’s Handiwork "
Digital print
87 x 62.5 cm
2020
Collection Date:August 12, 2020
Collection Place:Minami Chita Village, Aichi, Japan

「カモメガイのしわざ」
デジタルプリント
87 x 62.5 cm
2020
拾った日:2020年8月12日
拾った場所:愛知県知多郡南知多町


" Nature’s Handiwork "
Digital print
87 x 62.5 cm
2021
Collection Date:May 30, 2021
Collection Place:Ota amabarashi district, Toyama, Japan

「カモメガイのしわざ」
デジタルプリント
87 x 62.5 cm
2021
拾った日:2021年5月30日
拾った場所:富山県高岡市太田雨晴地区



Living (life) is an adventure, just as humanity has moved from Africa to the Eurasian continent. In the hunting and harvesting era before farming began, our ancestors, Homo Sapiens, responded to their environment, using their imagination to transform objects. That DNA is still inherited. The objects that were left, became myths.

人類がアフリカからユーラシア大陸に移動したように、生きることは冒険でもある。農耕が始まる前の狩猟採取時代、僕らの先祖であるホモ・サピエンスはいろんなモノに反応しただろうし、モノがモノを離れて神話も作り出した。そのDNAは今でも引き継がれている。



Exhibition View at Art House Oyabe, Japan

アートハウスおやべ(富山)での展示風景

--------------------------------------------------------





This work is made up of dialogue with the audience.
Everything is in the self. However, there is the world in relation to others.
This is an introspective work.

この作品は観客との対話によって成り立っています。
全ては自己にある。しかし、他者との関係で世界がある。
これは内省的な作品であります。






" How can I balance ? "
Stone in Oyabe river, magnet, doll, table, sensor device
107 x 135 x 85 cm (HxWxD)
2021

「どうしたら均衡がとれるのか」
小矢部川中流で拾った小石、磁石、人形、テーブル、センサー装置
107 x 135 x 85 cm (HxWxD)
2021



Exhibitions

Exhibitionsに戻る

© Koichi Matsufuji, All rights reserved